Go to...

ダブルベッドはお金の価格がつけれないラブアイテムなのか

人生の三分の一を睡眠で過ごしている私達にとって、睡眠とはお金の価格がつけれない程貴重な時間であるとも言えます。そんな貴重な時間にご結婚されてる方や愛してるパートナーと一緒に生活されてる方がお買いになるのが「ダブルベッド」お互いに身を寄せ合い一緒の睡眠をとれる空間を作るものですが、ただでさえ睡眠不足で有名な日本人がこの商品に向いているか。と問われれば少し首を傾げなければならない部分があるのかもしれません。もちろん寝室環境は大事ですしそこにもお金の価格がつけれない価値が存在しますが寝る(休む)という観点からみればお互いにストレスになっていないかなど問題があります。日本人の平均睡眠時間は約7時間14分という限られた安息の中でパートナーが常に隣に寝ているダブルベッドでゆっくり快適な睡眠をとれてない方が多い反面、ワイドショーなどでもよく取り上げられるようにもなった「睡眠時無呼吸症候群」などの怖い病気にいち早く気づいてあげられる点などそのような効果的な一面もある。私視点からみたこの不思議な安息ができる商品であるダブルベッドは今夜もみなさんを夢の世界へと誘うラブアイテムになることをお祈りいたします。

ベッドの価格は何で決まるのか

睡眠は人にとって欠かせないもので、非常に重要です。そのため、寝るときに必要なベッドや枕は大事なものです。今、家具店やホームセンターなどに行くと、寝具用品がたくさん扱われていますが、その価格は様々でどれにしようか迷ってしまいます。特にベッドは、10万円以上するものから1万円程度のものまでいろいろです。この価格の違いは、マットレスにあると言えます。マットレスには、寝心地を良くしたり寝ている体を支えるためのコイルが、中に敷き詰められています。値段が安いものはこのコイルに耐久性がなく、またコイルの寝心地があまりよくない敷き詰められ方をしています。安いものですと、体重にもよりますが、2年も使うとマットレスが沈んできてしまったりします。高いマットレスでは、長期間の保証が付いていたりするので、もし不具合が生じても修理することが出来ます。長い目で見ると、高いものと安いものとであまり変わらなくなるかもしれません。その他にも、高いものは通気性のよい素材が使われていたりと、快適に眠れる工夫がされています。人は睡眠により体や心の疲れを取り、脳を整理していると言われています。大事な睡眠の時間は、快適なベッドで質の良い眠りをしたいものです。